犬山市羽黒【ナフコ入り口のお持ち帰り焼き鳥屋さん】匂いだけでご飯が食べれます。

ナフコの焼き鳥屋 グルメ

たこ焼きやお好み焼きのお持ち帰り専門店は多いと思いますが、犬山市羽黒にあるスーパー、ナフコ犬山店店舗入り口には、いい匂いが食欲をそそる焼き鳥屋さんがあります。

夕食の買い出しついでにもう一品買いたくなる、そんなお店です。

夕方のわずかな時間だけの営業なので、気になった方は早めに出かけてくださいね!

 

スポンサーリンク

ナフコ入り口の焼き鳥屋さんはこんなお店

ナフコの入り口の焼き鳥屋さん

住所 犬山市羽黒新田下蝉屋9-2(ナフコ犬山店敷地内)
電話 なし
定休日 月、水、金
開店時間 午後3時頃

定休日が多めですが、おじさんが一人でやってみえるので仕方ないところです。

午後3時頃から始められるそうですが、5時を過ぎる頃には売り切れ商品が出てきます。

曜日やお客さんの数次第で幅はありますが、5時半頃には売り切れで、6時頃にはお店の片付けが始まってしまうという人気ぶり。

ナフコの店舗入り口の外に、屋台のようにお店を構えていらっしゃるのですが、特に装飾や看板などは無くどちらかというと地味な店構え。

でも、立ち上る食欲をそそる匂いは全然地味なんかじゃありません!

夕食の買い出しにきた主婦や、お弁当を買いに来たサラリーマンの胃袋を、ナフコの入り口でギュっとキャッチしています。

 

スポンサーリンク

ナフコ入り口の焼き鳥屋さんの実食レビュー

 

こちらの焼き鳥屋さん、おじさん1人で営んでいらっしゃるので種類は特別多くはありません。

でも、夕食の一品やお酒のお共には十分です。

スーパーの前なので、お買い物前に注文しておくと、串をよけておいてくれて、買い物帰りに取りに寄った際に仕上げ焼きして包んでくれます。

お会計も帰りで大丈夫ですのでスーパーのレジでは小銭を使わずに取っておくと、焼き鳥屋さんのお会計でおつりの手間が少なくなりますよ。

味は「タレ」のみ。

帰りの車内で食べるのは難しいので、早く食べたい気持ちを抑えつつ安全運転で帰宅しました!

ナフコの焼き鳥屋さん色々

今日は、つくね・とりもも・せせり・豚レバー・とりかわを注文。

私はレンジで温める時、白い内袋のまま温めます。

個人的にはその方が、乾燥して硬くなりにくい気がします。

ナフコの焼き鳥屋さんの焼き鳥

お皿に盛り付けたら、袋の中に溜まったタレも余すところなくかけちゃってくださいね。

とりももや、今回は買わなかったねぎまは定番の人気商品で、言わずと知れた安定の美味しさですが、つくねもおススメです。

つくねはお肉が少し粗びきで程よい食感が好みです。

とりかわはパリパリタイプではなく、しっとりぷるんとタイプです。

ところどころこんがり焼き目が付いて香ばしさも楽しめますよ。

レバーはいつも私専用に一本購入します。

ちょっと貧血を感じたりすると購入するのですが、普通にスーパーでレバーを購入して調理しても、私以外に食べてくれる家族が居ないので手軽に鉄分が摂取出来て助かります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は5時過ぎに焼き鳥屋さんへ行ったんですが、「せせり」がもう売り切れてしまっていたんですが、おじさんが「今から買い物なら焼いておくよー」と言って用意してくれました。

どうやら今日の予定分じゃない分を出して焼いてくれたようです。

「とりもも」よりも歯ごたえがあり、子供たちもその違いが分かったようです。

今日も美味しくいただきました。

今回皆さんに紹介しようとして気が付いたのですが、串焼き屋さんの名前を知りませんでした。。。

ご紹介した通り営業していない時が多いんですが、みなさんも機会があれば寄ってみて下さいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました