犬山城下町食べ歩き【牛たこ焼き うし若丸】ハーフ&ハーフがオススメ!

飛騨牛たこ焼きうし若丸の外観 グルメ

おそらく犬山で一番有名なたこ焼きやさん、犬山城下町の「うし若丸」で牛たこ焼きを食べてきたのでご紹介します。

こちらの「牛たこ焼きうし若丸」さんは、森のマルシェと本丸スクエアに出店されています。

ちなみに、牛たこ焼きだけではなく普通のたこ焼きもおすすめですよ。

 

スポンサーリンク

うし若丸の場所、アクセス、営業時間など

住所 〒484-0081 愛知県犬山市大字西古券21−2 犬山森のマルシェ1F
電話番号 090-8133-2001
定休日 無し
営業時間 10:00〜17:30

冒頭でご紹介した通り、牛たこ焼きうし若丸は森のマルシェと本丸スクエアに2店舗あります。

今日食べてきたのは森のマルシェ1階のお店。

2階のデッキで食事ができる様になっていて、お天気の良い日は最高の場所です。

 

スポンサーリンク

うし若丸のメニューや雰囲気は?

飛騨牛たこ焼きうし若丸の外観

今回行った「うし若丸」は森のマルシェ1階の入り口にあって、元気よく店員さんが声をかけてくれます。

メニューは「たこ焼き」「牛たこ焼き」や飛騨牛などの串焼きが中心でビール、ソフトドリンクもあり。

もちろん必ず食べて欲しいのは「牛たこ焼き」ですが、普通のたこ焼きも美味しいのでオススメは、たこ焼きと牛たこ焼きが4個づつ入った「ハーフ&ハーフ」。

お店はカウンターで販売、手渡しのスタイルなので、カウンターで受け取ったら、食べ歩きか、1階のベンチ、2階のウッドデッキにあるテーブルで食べましょう。

オススメは2階のウッドデッキ。

森のマルシェ2階のウッドデッキ

席数はあまり多くありませんが、天気の良い日で席が空いていたら絶対オススメです。

日焼けが気になる女子もパラソルもあるので安心ですよ。

 

スポンサーリンク

うし若丸の牛たこ焼きの実食レビュー

では、早速たこ焼きのレビュー!

うし若丸のハーフ&ハーフ

右側がたこ焼き、左側が牛たこやきです。

たこ焼きは8個入っていて、やや大きめ。

メニューの写真を見たときに「8個入600円はちょっとお値段高めかな?」って思ったんですが、たこ焼き自体も中の具も大きいので適正価格かな。

牛たこ焼きにはソースではなく、甘めのタレがかかっています。

中身が「たこ」か「牛肉」か、の違いだけでは無く、普通のたこ焼きと違った味に仕上げてあります。

看板商品の「牛たこ焼き」から詳しくご紹介しますね。

中身はこんな感じ。結構大きな牛肉が入ってますね。

うし若丸の牛たこ焼き

ソースでは無くタレとマヨネーズがかかっていますが、この甘辛のタレが牛肉に合っていてなかなかの美味しさ。

外はカリッとしていて中身はとろっとした仕上がりです。

うし若丸の牛たこ焼きの牛肉

これが牛たこ焼きの「牛」、なかなか立派なお肉が入ってます。

撮影のためではありますが、行儀悪くこんなふうに取り出してから食べても、しっかりと味がついています、下味がつけてあるのかもしれませんね。

ちゃんと牛肉の味が感じられます。

次はノーマルの「たこ焼き」。

こちらもしっかりと大きな「たこ」が入っていました。

もっと大きなたこが入っているお店もありますが、個人的にはこのくらいが好みです。

こちらも行儀悪くタコを取り出してみると。

うし若丸のたこ焼きのたこ

良い感じです。

かけてくれたソースとマヨネーズ、鰹節、青のりのバランスが程よく感じられます。

タコも牛肉と同じで、単体で食べてもしっかりと味があって旨味が感じられます。

牛たこ焼きとたこ焼き。

外はカリッと中はトロッとしていて、ソースが主張しすぎずに生地の出汁、タコや牛肉とマッチしていて美味しくいただけました。

特に「牛たこ焼き」にかかっていたタレが美味しかったのが印象に残りましたね。

とはいえ、どちらも美味しいので、やはり「ハーフ&ハーフ」が僕の一押しです!

 

スポンサーリンク

まとめ

「牛たこ焼きうし若丸」は、観光地にありがちな観光客受けを狙ったお店では無く、「牛たこ焼き」はもちろん「たこ焼き」もとっても美味しいおすすめ出来るお店でした。

観光客の方はもちろんですが、地元犬山市民にもオススメします。

犬山の観光地「城下町」にあるので、行ったことのない地元市民の方もいるかもしれません、とっても美味しいので是非一度脚を運んでみてくださいね。

天気の良い日には散歩がてら歩いて行って、2階ウッドデッキでビール片手に、地元犬山の風情を堪能してみるのも良いのでは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました