犬山お持ち帰り冷凍餃子【餃子雪松】24時間営業の無人直売所 購入方法と焼き方は?

犬山持ち帰り餃子専門店雪松 グルメ

4月17日に餃子雪松が新規オープンしました。

犬山の西北野の交差点、着物の正悟屋の跡地でミトチャカリーの向い。

「無人販売」「24時間営業」など開店前から話題になっていましたので、オープン初日、早速お邪魔してきました。

店内の様子や購入方法、焼き方などレビューしたいと思います。

 

スポンサーリンク

【餃子雪松】犬山店の場所

店名 餃子の雪松 犬山店
住所 愛知県犬山市西北野105
電話番号 050-5490-9116
定休日 無休
営業時間 24時間営業

(オープン日の17日は10時〜19時売り切れ次第終了、18日は10時〜)となっておりますのでお気をつけくださいね!

Google マップではまだ「MASAGOYA」となっていますが、ここが餃子雪松に変わっていますので、こちらを目印にしてください。

駐車場は店舗前に6~7台。

餃子雪松1 駐車場

オープン初日は混雑もありましたが、混んでいなければ、ものの30秒ほどでお買い物が終わりますので、通常駐車スペースに困ることは無さそうです。

交差点の角地なので歩道の縁石があります。

縁石への乗り上げなどあると危ないので、信号のタイミングで慌てて出発しない様に注意してください。

 

スポンサーリンク

【餃子雪松】とは?

「餃子雪松」は群馬県水上の食事処「雪松」が発祥のお持ち帰り餃子専門店です。

秘伝の餃子を自社工場で生産後、冷凍餃子を直売所で販売するスタイルのお店です。

シンプルだけど絶妙なバランス
これこそが他の何とも違う
独特の美味しさの秘密
長い歳月をかけて追求したこだわりの皮。
独特の包みたての皮はパリッと焼いて
モチモチとした食感。
この絶妙なバランスこそが一つ食べたあと
もう一つ食べたくなる、
毎日食べてもあきない人気の理由。
ギュッと詰まった野菜系の餡は
ジューシーで力強く
一度食べたらやみつきになると評判の味。

初代から受け継ぐ
秘伝の配合
味のアクセントとなるのが
初代店主が生み出した調味料の配合。
八十年以上前の味付けが
今でも厳格に受け継がれています。

出典:餃子雪松

スポンサーリンク

【餃子雪松】の冷凍餃子、店内の様子と購入方法

餃子雪松犬山店の様子

外観には美味しい餃子への期待を上げる装飾。

犬山 餃子雪松 外観

犬山 餃子 雪松 外観2

入店すると奥の壁に観音開きになっている大型冷凍庫が2台並んでいます。

オープン初日、来店時は4組ほどのお客さんと店員さんが4人、案内の為に立ってらっしゃったので、さすがに混雑していて分かりやすい写真が撮れませんでしたがひとまず参考に載せておきます。

犬山 餃子 雪松 店内

スペースは特別広くはありませんが、数組お客さんがいても十分なスペースです。

レジは無く、向かって左側に料金箱が設置されています。

雪松餃子の買い方と注意点

買い方は無人販売なので至ってシンプル。

①冷凍庫からパックの包みを欲しい数取り出す。

犬山 餃子 雪松 購入方法1

18個入り1パック×2で36個/1,000円が一包み。

犬山 雪松 餃子 冷凍 持ち帰り 1パック

種類はこれひとつなので迷う事はありません。

②料金箱にお金を入れる。

犬山 餃子 雪松 購入方法2

ここで注意! おつりは出ません! ピッタリ準備していきましょう。

以上です。

何だか簡単すぎて無防備な気もしますが、沢山の他店舗でも同様なので問題は無いのでしょうね。

残り少なかった「雪松特製 餃子のたれ」も購入してみました。

犬山 餃子 雪松 餃子のたれ

1個200円ですが、女性の手のひらくらいの大きなタレ瓶なのでお得感があります。

「雪松特製 餃子のたれ」は手作りなのでいつでも並んでいるわけでは無いそうです。

売れ行きとタイミングで入荷待ちの事もあるようなので、巡り合えた時は1本買っておくと良いですね。

スポンサーリンク

【餃子雪松】の餃子の焼き方

実際に購入して焼いてみましたので、ご家庭での調理の参考にして下さい。

焼き方は包み紙の裏にも記載されています。

犬山 餃子 雪松 焼き方1

一つのパックに冷凍餃子18個×2で36個。

犬山 餃子 雪松 焼き方2

餃子同士がくっついている時は、パックのままコンコンすると結構離れてくれます。

1パック(18個)の餃子を直径28㎝のフライパンに間隔をあけて並べ、事前に用意した熱湯100㏄を全体にかけている場面です。

犬山 餃子 雪松 焼き方3

中火で6分蒸し、蓋をあけた直後です。
ふっくらプリッとしていますが、まだ残っている水分を飛ばします。

犬山 餃子 雪松 焼き方4

お皿に盛り付けました。
いい感じの焼き色!

犬山 餃子 雪松 焼き方5

さて、実食レビューの前に公式の焼き方動画もどうぞ。

スポンサーリンク

【餃子雪松】の餃子食べてみました

さて、いい感じに焼けてすでに満足度の高い私ですが、期待通りの実食となるか…。

犬山 餃子 雪松 実食

売り文句にもあるように、皮がモチモチ!

厚みがあって食べ応えも十分です。

鼻を抜けるスゥ~っという香りはおそらくショウガ。

ニラやにんにくが効いていますが、全然クドくないのは、きゃべつがしっとり甘く丁度良いバランスだからなのだと思います。

特製たれは、スーパーで購入する他の餃子にも合いそうな、濃すぎずオールマイティーな味です。

肉タネと皮どちらも柔らかく美味しい!

そしてパリッとした焼け具合も我ながら上出来!

今日は少し残ったので、そのまま冷凍庫で保管します。

もともと冷凍なので、味が落ちずに保存が出来るのもポイントですね。

スポンサーリンク

犬山持ち帰り餃子専門店 餃子直売所 雪松 まとめ

一般的な冷凍餃子が12個入りで300円~400円前後なので、価格的にはどちらかといえばリーズナブルな方。

贅沢を言えば味のバリエーションがあったら嬉しいですが、味が1本勝負なのは美味しさの自信なのかもしれません。

「(買い物が)早い・安い・旨い」のお持ち帰り餃子専門店 餃子雪松 犬山店、便利なので消費者の強い味方です。

4月17日と18日はオープン営業ということで24時間営業ではありません。

17日は10時から19時まで(売り切れ次第終了)

18日は10時〜24時間営業

ということなので注意して出かけてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました